ニュース
2016年02月26日 19時43分 UPDATE

暗号化技術がパリ同時多発テロ事件を引き起こした?

テロリストが暗号通信を使えば、事前の発見が困難になる。それは当然の話だが――。

[大村奈都,ITmedia]

 130人の死者を出した昨年11月のパリ同時多発テロ事件において、犯人グループが暗号化通信を使っていたために、テロを未然に防げなかったのかもしれない――。米NSA(国家安全保障局)長官はそう語った。

 米Yahoo! Newsが掲載したAFP通信のインタビューで、NSAのマイケル・ロジャーズ長官は、「暗号化技術がなければ、パリ同時多発テロ事件は起こらなかっただろう」と述べた。テロリストが暗号化技術を使って連絡を取ると、NSAは事前に情報をキャッチできず、フランス当局に通報することもできないために、事件を未然に防げなかった、という見解だ。

photo NSAのロジャーズ長官

 しかし他のメディア、例えばArs Technicaの記事によれば、フランス当局による捜査の結果、今回のテロリストたちが暗号化通信を使っていた証拠はないという。彼らは普通のスマートフォンアプリとSMSを使っていた(11月に英Telegraphも報じている)。これは、ロジャーズ長官の話とは矛盾する。

photo Ars Technicaの記事

 本当に、暗号化技術がテロ事件を引き起こしたと言えるのだろうか。FBI(米連邦捜査局)は現在、銃乱射事件の容疑者が使っていたiPhoneのバックドアを要求してAppleと争っており、NSA長官の話はこうした事情に関連するのではないか、という見方もできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors - 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -