ニュース
2016年03月04日 18時54分 UPDATE

Windows 10のロック画面に広告表示? 

Windows 10を起動してパスワードを入力する前のロック画面が広告に使われるようだ。回避方法はある。

[大村奈都,ITmedia]

 Microsoft Windows 10の、電源を入れたりスリープから復帰させると表示されるロック画面。美しい風景写真に時刻やカレンダーを重ねて表示させることもでき、かつての素っ気ないログイン画面から比べると大きな進歩だ。

photo 現在のシンプルなWindows 10ロック画面

 ところがこのロック画面に、広告が表示されるようになるといううわさがある。このロック画面に表示される写真は、「画像」「スライドショー」そして「Windowsスポットライト」から選択できる。「画像」「スライドショー」がローカルに保存された画像であるのに対して、「Windowsスポットライト」はMicrosoftのサイトから送られてきた画像が使われるという違いがある。そしてロック画面の初期設定では、Windowsスポットライトになっている。

 このWindowsスポットライトに、広告画像が割り込んでくる、という報告がIT情報サイトHow To Geekに掲載されている。これによると、ユーザーが意図しないのに、Windowsアプリストアで販売されているゲームソフト「Rise of the Tomb Raider」の広告がロック画面に表示された事例が確認されているという。

photo How To Geekではトゥームレイダーの広告が表示された例を取り上げている

 この広告表示は、地域やアプリ購入履歴に関係するかもしれず、日本ではまだ事例が確認されていない。もしあらかじめ回避したいなら、スタートメニューから[設定]→[パーソナル設定]→[ロック画面]と進んで[画像]を選択し、「ロック画面にトリビアやヒントなどの情報を表示する」のオプションをオフにすればいいようだ。

 Windows 10にはすでに、スタート画面に新しいMicrosoft Office購入を促すアイコンが表示され、「Windowsはいずれ、ストアの売り上げと広告に依存するソフトになる」という指摘もあるが、Windows 10に全画面広告が表示される時期は思ったより早かったようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors - 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -