ニュース
2016年03月08日 08時13分 UPDATE

Microsoft、Linux版「SQL Server」のプレビュー開始 提供は2017年半ば

サービスや製品のマルチプラットフォーム化を進めるMicrosoftが、RDBMSの「SQL Server」のLinux版を発表した。プライベートプレビューへの参加申し込みが始まっており、公式版の提供は2017年半ばの予定だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは3月7日(現地時間)、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)「SQL Server」のLinux版「SQL Server on Linux」を発表した。特設サイトでプライベートプレビューへの参加申し込みを受け付けている。公式版は2017年半ばにリリースの予定だ。

 sql 1

 Linux版でもオンプレミスとクラウドの双方を提供する計画。現在プレビュー段階の次期SQL Server「SQL Server 2016」の新機能、「Stretch Database」が利用できるという。ただ、SQL Server 2016の全機能が利用できるわけではなさそうだ。

 特設サイトの応募ページによると、プレビュー版はUbuntuあるいはDockerイメージで利用可能。

 sql 2 SQL Server on Linuxのプレビューサイト

 Microsoftは、「Linux版SQL Serverの提供は、Microsoftの製品とイノベーションを幅広いユーザーに届けるための新しい方法だ。先日にはマルチプラットフォームのモバイル開発プラットフォームを手掛ける米Xamarinを買収し、1月にはHadoop、Red Hat Linux、SUSE Linux、Teradataをサポートする統計用ソフトウェアMicrosoft R Serverを発表した」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -