ニュース
2016年03月08日 16時22分 UPDATE

PepperとMicrosoft Azureが連携 ソフトバンクとMS、ロボット接客システムで協業

ソフトバンクロボティクスと日本マイクロソフトが「Pepper」「Windows Azure」を活用し、クラウドロボティクス分野で協業する。

[ITmedia]

 ソフトバンクロボティクスと米Microsoftは3月8日、人型ロボット「Pepper」とクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用し、クラウドロボティクス分野で戦略的協業を行うと発表した。

 PepperとSurfaceを用い、クラウド対応ロボットが店頭で学習・接客する小売業界向けソリューション「未来の商品棚」(仮称)を共同で構築する。2016年秋をめどに日本市場で提供を始める。

 (1)顧客行動やPOS売り上げなどのリアル店舗でのデータと、ECなどオンラインのデータを統合し「Azure IoT Suite」で解析、(2)解析情報を基に顧客のニーズをリアルタイムに把握し、SurfaceのディスプレイやPepperの発話で提案、(3)機械学習を重ね、より適切な接客対応を実現――などのソリューションを共同開発する予定だ。

photo 法人向けモデル「Pepper for Biz」のページでは接客以外の活用も提案している

 Pepperをあらかじめスキルを備えた接客要員として店頭に配置できるとともに、店頭状況のリアルタイムフィードバックで効率的な在庫管理につなげることを目指す。来客に対しても、より自分好みの商品を購入できる可能性を高める。

 今後、翻訳機能を活用した多言語対応の導入や、顔や音声認識、パーソナルアシスタント「Cortana」との連携も視野に入れる。

 今秋の販売開始に先立ち、ロボットだけで接客する「Pepperだらけの携帯ショップ」を3月24日〜30日、東京都港区にオープンし、実証実験を行う。

photo 「Pepperだらけの携帯ショップ」のイメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -