ニュース
2016年03月10日 16時20分 UPDATE

東大、医学部入試に面接復活 コミュニケーション能力を評価

東京大学が、医学部進学が多い「理科3類」の入試に面接を導入すると発表した。コミュニケーション能力や医療への適性を評価するという。

[ITmedia]

 東京大学は3月10日、2018年度の理科3類・前期日程2次試験から、面接試験を導入すると発表した。学力試験の成績に限らず、医療や医学の素質を持つ学生を多面的に選抜する狙いだ。

photo 東京大学の公式サイトより

 理科3類の入学者のほとんどは、医学部医学科に進学するため、入学前の時点で、患者などとのコミュニケーション能力、医療への適性を評価することを目的に掲げた変更だ。質問事項は決めず、状況に応じた「自由面接」を予定。詳細は7月ごろに公表する。

 編集部の取材に対し、担当者は「対策を練られて試験の意味が失われないように、自由面接を採用した。それぞれの成熟度やコミュニケーション能力を図るべく、個々に異なる質問を行う」と話す。

 過去には1999年から2007年に面接試験を導入していた。大学内の制度の変更で、理科3類から医学部以外に進学できるようになったこと、医師国家試験に教養試験が導入されたこと――などを理由に廃止していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -