ニュース
2016年03月15日 13時22分 UPDATE

「くら寿司で異物」 虚偽のSNS投稿で男を逮捕 名誉毀損の疑い

「くら寿司」の商品に異物が混入していたという虚偽の内容をFacebookに書き込んだとして、香川県警が名誉毀損の疑いで高松市の男を逮捕した。

[ITmedia]

 「くら寿司」の商品に異物が混入していたと虚偽の内容をFacebookに書き込んだとして、香川県警は3月14日、高松市の無職の男(25)を名誉毀損の疑いで逮捕した。

photo 投稿の一部

 高松上天神店で食べたオニオンサーモンに赤いガラス片が混入しており、「口の中が切れた」という旨を、男から報告を受けたとする家族が1月21日にFacebookに投稿した。SNSで拡散し、真偽も含め波紋を広げていた。

 投稿を受け、同店を運営するくらコーポレーションは1月24日、厨房内で赤色のガラス製の備品の使用はなく、客席で使用している赤いプラスチック製のしょう油さし92個すべてにも破損はなかったと公表。警察や保健所の立ち入り検査でも混入が疑われるものはないという見解を得ており、「SNSでの投稿は事実と異なる」として「法的処置も視野にいれる」と対応を示していた。

 高松南署によると、家族は男の投稿を引用する形で投稿していたが、自身は「記憶がない」と容疑を否認しているという。

photo くらコーポレーションは異物混入を否定

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -