ニュース
2016年03月15日 15時58分 UPDATE

HoloLensアプリ「Actiongram」──拡張現実でキャラを動かして撮影

Microsoftは、3月30日から開発者版を出荷するAR HMD「HoloLens」向けのアプリ「Actiongram」を発表した。ゾンビやユニコーンなどのキャラを拡張現実で動かし、それを撮影してYouTubeなどで共有できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは3月14日(現地時間)、2月末に開発者版の予約受付を開始したAR HMD(拡張現実ヘッドマウントディスプレイ)「HoloLens」向けアプリ「Actiongram」を発表した。今夏にWindows Storeでリリースする予定。

 Actiongramは、あらかじめ用意されている幾つかのホログラム的なキャラクターを選んで現実世界上に呼び出し、行動させて、それをHoloLensで撮影するアプリ。撮影した動画はYouTubeなどで共有できる。

 actiongram 1 ゾンビキャラのネッドくんと映画鑑賞、という動画

 ホログラム的なキャラにはゾンビのネッドくんの他、ユニコーンや宇宙飛行士などいろいろある。また、爆発や閃光などのエフェクトも用意されている。

 actiongram 2 パネルから好きなキャラを選んで拡大し、現実世界に立たせる

 キャラをどうやって動かすかなどの操作方法については公式ブログには説明がない。このアプリは、HoloLensの可能性を示す目的でわずか5人のチームで約半年で開発したという。

 HoloLensの開発者版の価格は3000ドル(約34万円)で、まず米国とカナダ向けに3月30日に出荷する。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -