ニュース
2016年03月18日 16時51分 UPDATE

ツタンカーメンの墓に“隠し部屋” 伝説の美女・ネフェルティティの墓が有力?

古代エジプト王・ツタンカーメンの墓に隠し部屋がある可能性が判明した。

[ITmedia]
photo 墓に埋葬されている可能性がある「ネフェルティティ」の胸像 By Philip Pikart via Wikimedia Commons

 エジプト考古省は3月18日、「王家の谷」にある古代エジプト王・ツタンカーメンの墓に、2カ所の隠し部屋がある可能性が高いと発表した。

 昨年11月、日本人技術者の渡辺広勝さんがツタンカーメン王の墓をレーダースキャン。墓から見て、西側と北側の壁越しに2カ所の空洞が見つかり、金属製の物体と人間の遺体と思われる有機物が存在していることが判明した。

photo 青い部分が空洞、黄色が金属製の物体、茶色が有機物を示している。
photo 北側をスキャンしたデータ
photo 西側をスキャンしたデータ

 同調査は、ツタンカーメン王の義母・ネフェルティティの墓が、ツタンカーメン王の墓と隣接した部屋にある――という、英考古学者のニコラス・リーブズさんの学説を受けて実施されたもの。ネフェルティティは、エジプト新王国を統治した「伝説的な美女」として知られるが、死後は記録が消し去られた。

 今月末にも詳細な再調査を行う予定だが、発掘調査は未定という。エジプトのマムドゥフ・アル・ダマティ考古相は「黄金のファラオに関するこうした調査が、世紀の大発見につながるかもしれない」とコメントしている。

photo ダマティ考古相

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -