ニュース
2016年03月25日 10時14分 UPDATE

Microsoft、Windows 10版Skypeをユニバーサルアプリに

MicrosoftがWindows 10でのSkypeの提供方法を変更し、Skypeビデオとメッセージングに分かれている機能をユニバーサルアプリ「Skype Universal Windows Platform」に一本化する。まずはWindows Insider向けのプレビューをリリースする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoft傘下のSkypeは3月24日(現地時間)、Windows 10向けの新たなSkypeアプリ「Skype Universal Windows Platform」(Skype UWP)のプレビュー版を、Windows Insider向けにリリースすると発表した。まずはデスクトップ版のみだが、Windows 10 Mobile版も後日リリースする予定という。

 skype 1 Skype UWP

 同社は昨年11月のWindows 10のアップデートで、Skypeのメッセージングと通話の機能をWindows 10のメッセージングと通話の機能に統合し、動画チャット用の「Skypeビデオ」アプリをリリースした。

 skype 2 動画チャット専用の「Skypeビデオ」アプリ

 だが、ユーザーからそれらのサービスを1カ所にまとめられるアプリを要望するフィードバックが多数寄せられたため、独立したSkypeのユニバーサルアプリを提供することにしたという。

 今回のプレビュー版にはグループ音声/動画チャットなどがないが、段階的に追加していく計画だ。

 従来版のSkypeアプリも当面併存するが、将来的には「Windows 10でのすべてのSkype体験をSkype UWPアプリに一本化していく」計画という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -