ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年04月01日 13時41分 UPDATE

Tesla、初の低価格モデル「Model 3」の予約受付開始 3万5000ドル

高級電気自動車メーカーのTesla Motorsが、初めて10万ドルを切る、3万5000ドル(約393万円)の量産モデル「Model 3」を発表した。既に予約を開始しているが、発売は2017年中の見込みだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 電気自動車(EV)を開発・販売する米Tesla Motorsは3月31日(現地時間)、同社の4モデル目になる新車「Model 3」を発表した。同社初の量産型低価格車になる。低価格といっても従来モデルと比較してということで、3万5000ドル(約393万円)だ。同日オンラインで予約受付を開始した。発売は2017年中の見込み。

 tesla 1 Model 3

 イーロン・マスクCEOは発表イベントの冒頭で、地球温暖化の主な原因はガソリン車にあるとして電気自動車の普及の重要性を訴え、量産モデルの発売を急いだと語った。

 tesla 2 環境問題について語るイーロン・マスクCEO

 同氏は、「Teslaは小さな新興企業なので、量産する前に、まずはスポーツカータイプのRoadstarで『電気自動車はのろくてカッコ悪い』という固定観念を打破し、Model SとModel X(いずれも価格は10万ドル以上)でファンを獲得する必要があった」と語った。

 tesla 3 歴代のTesla車

 Model 3は5人乗りで前後にトランクスペースがあり、1回の充電で215マイル(約346キロ)走行可能。数十分で充電できる「スーパーチャージャー」を利用できる。

 tesla 4

 マスク氏は、現在世界の3608カ所に設置しているスーパーチャージャーを2017年末までに7200に増設すると発表した。また、50億ドルを投じてネバダ州に建設してきた巨大なバッテリー製造工場「Tesla Gigafactory」が同日稼働を開始したことも発表した。

 tesla 5 Gigafactory

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.