ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年04月07日 09時00分 UPDATE

ドラクエ遠足・ウイイレ部も「ふざけてない」 ネットの高校「N高」が目指す“青春づくり” (1/2)

カドカワの通信制高校「N高等学校」が、「ドラゴンクエストX」で“ネット遠足”、「ウイニングイレブン」のサッカー部を用意。「ふざけていません、真面目です」――担当者に狙いを聞いた。

[片渕陽平,ITmedia]

 遠足は「ドラゴンクエストX」、サッカー部は「ウイニングイレブン」、将棋部・囲碁部はプロ棋士が指導――カドカワが4月に開校予定の通信制高校「N高等学校」(N高)の遠足・部活動の内容がネットで話題を集めている。

photo (c) 2012-2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

 「すごく楽しそう」「うらやましい」と賛同する意見もあれば、「ネットで遠足なんて、ふざけているのか?」「『ウイイレ』でサッカー部はさすがに“ネタ”では?」と疑問視する声も目立つ。

 「ネット遠足」や「ネット部活」に、N高が込める意図は――ドワンゴ・教育事業本部コミュニティ開発部の部長を務める秋葉大介さんに“真相”を尋ねた。

「ふざけていません、真面目です」

photo ドワンゴ・教育事業本部コミュニティ開発部の秋葉大介部長

 「ふざけていません、僕らは真面目に友達ができる場を提供したいと取り組んでいます」――秋葉さんは、ネットの高校への真剣な思いを話す。

 “ドラクエ遠足”は、通信制の課題になりがちな「友達づくり」をどう克服するか、議論を進めていく中で生まれた。実際の学校行事になぞらえ、学期の始めにほぼ初対面の生徒たちが交流を深める「遠足」をネット上でも演出するには? と考えたのがきっかけだという。

 議論を重ねる中で、たどり着いたのが「ドラゴンクエストX」だった。オンラインゲームのフィールドで、リアルタイムで同じ場所に集合し、コミュニケーションを取りながら、目的を持って団体行動を楽しめる。チャット以外に、喜怒哀楽を表現できるポーズやモーションが充実していること、Wii Uやニンテンドー3DS、PCなど対応デバイスが幅広いことも決め手になった。「ドラクエといえば、日本で誰もが知っているタイトル。システムや用語も知名度があり、初心者から上級者まで幅広く入り込めると思う」(秋葉さん)。

 開発元のスクウェア・エニックスへの打診は、「最初は『冗談でしょ』と驚かれたが、幸いにも僕たちが本気だということが伝わった」(秋葉さん)という。アバターの制服は、引率しやすいコスチュームを用意したい――との秋葉さん側の要望に対し、スクウェア・エニックスが既存の制服アイテムを“N高風”にアレンジしてくれたものだ。「初めて見た時は、クオリティの高さに鳥肌が立った」(秋葉さん)。

photo
photo スクウェア・エニックスが既存の制服アイテムを“N高風”にアレンジ

 それ以外は特に隔離サーバなども使用せず、一般のプレイヤーと同じ条件で「ドラクエ」世界の遠足に参加する。担任の先生が生徒を引率し、目的地に到着すると、班ごとの自由行動で近くのダンジョンを探検する。鬼ごっこや記念撮影といったレクリエーションも行う予定で、遠足のしおりも準備中だ。

 引率の教師が途中でモンスターに負けてしまい、恥ずかしい思いをしないようにと、事前に教師向けに「レベル上げのポイント」もレクチャーしている。

 「普通の遠足にもあるようなプログラムを再現できるのがドラクエの魅力。僕らのやりたいことだけでなく、それ以上の可能性がドラクエには秘められていると思う」(秋葉さん)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.