ITmedia NEWS >
ニュース
2016年04月08日 16時58分 UPDATE

日立が2足型ロボット「EMIEW3」発表 「Pepper」とどう差別化?

2足型ロボット「EMIEW3」を日立が発表。接客サービス用途を想定している点でソフトバンクの「Pepper」と似ているが、足元に差別化のポイントが込められている。

[太田智美,ITmedia]

 日立製作所は4月8日、接客や案内サービス向けの人型ロボット「EMIEW3」(エミュースリー)を発表した。EMIEWは2足でありながら、歩行ではなく車輪で動くロボット。最大移動速度は時速6キロ。人と同じ速さで広範囲を動き回れる点で、ソフトバンクロボティクスの「Pepper」との差別化を図っているという。


ロボット「EMIEW3」 アイデンティティーは頭部の突起。安全第一で開発されたロボット。15ミリの段差も乗り越えられる

 EMIEW3は、2007年に発表した前機種・EMIEW2のIT基盤を継承しつつ、新たに外部センサーから人物を検知する「環境認識機能」や、複数台のロボット間で情報共有する機能、転倒からの起き上がり機能を加えた。


ロボット「EMIEW3」 環境認識機能。ネットワークが切れたら安全の機能のみ作動する

ロボット「EMIEW3」 複数台のロボット間で情報共有する機能

ロボット「EMIEW3」 転倒からの起き上がり機能

ロボット「EMIEW3」

 ロボットの制御システムや各種アプリケーション、データの収集・分析機能などは全てクラウド上に実装。それらと本体を組み合わせたパッケージとして企業向けに提供する。導入企業のブランドイメージに合わせたカラー展開も視野に入れているという。

 取材時に驚いたのは、非常に自由度の高い対話機能だ。デモで行われているようなスムーズな対話を実際に行えるという。

 複数の人から同時に話し掛けられた場合には、それぞれの声を認識。複数人がいることを認識し、1人1人に個別で対応する。



ロボット「EMIEW3」 初代機「EMIEW1」

ロボット「EMIEW3」 2007年に発表された「EMIEW2」

 EMIEW3は5月以降に実証実験を行い、その結果を踏まえ、2018年をめどに本格発売する予定だ。価格など詳細は未定。


ロボット「EMIEW3」 監視画面

 EMIEWシリーズの初代機「EMIEW1」が登場したのは2005年。日本国際博覧会「愛知万博」で披露された。

 ちなみにEMIEW3が直立時、左右に小刻みに揺れているのは、常にバランスを取ろうとしているから。そのため、急に押したりしても倒れない。日立製作所の研究開発グループ担当者は「本当は静止しているほうがいい」と言うが、この揺れがEMIEW3の息づかいのようで愛らしく思えた。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.