ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2016年04月13日 22時00分 UPDATE

Kindle史上最薄・最軽量「Kindle Oasis」は何がすごい? 従来機種との違いをチェック

「Kindle」の最上位モデル「Kindle Oasis」は、従来機種「Paperwhite」「Voyage」とどう違うのか。サイズや機能を比較してみよう。

[片渕陽平,ITmedia]

 Amazon.comが4月13日、電子書籍リーダー「Kindle」の最上位モデル「Kindle Oasis」を日本を含む各国で予約販売を始めた。従来機種の「Kindle Paperwhite」や「Kindle Voyage」とどう違うのか。サイズや機能を比較してみた。

photo Kindle Oasis
  Kindle Oasis Kindle Voyage Kindle Paperwhite Kindle
価格 3万5980円 2万3980円 1万4280円 8980円
プライム会員価格 1万280円 4980円
ディスプレイ 6インチ(300ppi) 6インチ(300ppi) 6インチ(300ppi) 6インチ(167ppi)
サイズ 143×122ミリ 162×115ミリ 169×117ミリ 169×119ミリ
厚さ 最薄部3.4ミリ 7.6ミリ 9.1ミリ 10.2ミリ
重さ 131グラム 180グラム 215グラム 191グラム

 ディスプレイサイズは6インチのまま据え置きだが、本体サイズは143(縦)×122(横)ミリに小型化。最薄部は3.4ミリ、重さは131グラム。従来機種と比べると、平均30%薄く、20%以上軽くなった。

photo Voyage(左)とOasis(右)のサイズを比較。ディスプレイの大きさは変わらず、両方ともに6インチ。
photo Oasis(左)とVoyage(右)の厚さを比較。Oasisの最薄部は3.4ミリ。

 ディスプレイの内蔵フロントライトも再設計。Voyageに比べLEDの数が1.6倍になり、明るさの均一性とスクリーンの光度も向上している。

photo Oasis(左)のディスプレイは、Voyage(右)より明るく

 全体のデザイン自体も見直し、片側に厚みを持たせ、片手で握れるグリップ部分を設けることで、長い時間使用しても疲れにくくなっている。バッテリー内蔵レザーカバーも付属品で用意し、装着すると自動で充電できる。

 Voyageが採用していたページめくりボタンも刷新。グリップ部分の上のボタンでページが進み、下のボタンで戻る仕組みだ。本体に内蔵した加速度センサーで左右どちらの手で持っているかを認識し、持ち手を変えて画面が逆さまになると、自動でページも反転。ページめくりボタンの上下の機能も入れ替わる。

photo ページめくりは、グリップ部分のボタンで操作
photo
photo 右手から左手に持ち替えると、ページの上下も自動で反転する

 価格面では3万5980円と「ハイエンドモデル」の位置付けに。アマゾン ジャパンの玉木一郎Kindle事業部長は「Kindle、Paperwhite、Voyageを『松』『竹』『梅』とするなら、Oasisはその最上位のモデル」と説明する。普段から電子書籍に慣れ親しんでいるヘビーユーザー向けとなるかもしれない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.