ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年04月19日 10時00分 UPDATE

GoPro、開発者向けプログラムを発表 BMWなど100社と連携サービスを創出

ウェアラブルカメラの米GoProが、同社製品と連携したアプリやデバイスの開発キットを外部企業に提供する「GoPro DEVELOPER PROGRAM」をスタートした。

[片渕陽平,ITmedia]

 ウェアラブルカメラを開発する米GoProは4月14日(現地時間)、開発者向けのキットを提供し、同社製品と連携したアプリやデバイスの開発を支援・促進するプログラム「GoPro DEVELOPER PROGRAM」を始めた。

photo GoPro DEVELOPER PROGRAM

 GoProカメラとBluetooth/Wi-Fi接続できるモバイルアプリ(iOS/Android)の開発キットや、他のデバイスに直接GoProカメラを装着できるようにする技術を提供する。参加費は年間99ドルから。

photo モバイルアプリやデバイスなどの開発を支援
photo 100社以上が参加
photo 独BMWのアプリ「M-Laptimer」

 現時点で、すでに大小100社以上の企業が参加。自動車メーカーの独BMWは同社のアプリ「M-Laptimer」とGoProカメラを連携し、車体に搭載したカメラの映像をアプリに表示し、速度や位置情報などと組み合わせることで、ドライバーの運転技術を向上させるサービスを開発した。

 同社は2月初頭に発表した2015年第4四半期の決算で赤字を計上している。年末商戦などでの売り上げ不振が指摘されているが、今回の取り組みを通じ、提携企業にGoProを活用した新しいサービスを生み出してもらい、製品需要の創出を狙う。

 同社のニック・ウッドマンCEOは「GoProは単なるカメラではない」とコメント。スポーツなど特定のジャンルに限らず、あらゆる場面の決定的瞬間を捉える「多才なキャプチャモジュール」と表現し、参加企業とのエコシステムの構築に期待を寄せた。

photo ニック・ウッドマンCEO

取材協力:GoPro

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.