ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年04月19日 13時05分 UPDATE

Apple、WWDC 2016の参加申し込み受付開始 日本時間の4月23日午前2時まで

Siriが一足早く告知していたWWDC 2016の日程を、Appleが正式に発表した。公式サイトも更新され、11行のヒントが並んだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは4月18日(現地時間)、年次開発者会議「WWDC 2016」を6月13〜17日にカリフォルニア州サンフランシスコのモスコーニセンターで開催すると発表した。その数時間前からSiriが教えてくれていたが、Appleが正式に発表し、公式サイトも更新された。

 チケットの価格は昨年と同じ1599ドル。こちらのページから4月22日午前10時(日本時間の23日午前2時)までエントリーを受け付ける。例年通り、チケットは抽選制で、結果は25日午後5時までに通知される。

 wwdc 1 WWDCのWebサイトが2016年版に更新された

 Appleは例年、WWDCの公式サイトにキャッチフレーズ(2015年は「The epicenter of change.」)を掲げるが、今年はカラフルなコーディング向けフォントで11行にわたるヒントを並べた。

 Apple Watchのスポーツ関連技術(Hello yogi on my wrist)や自動車関連(Hello driver, fast as you can)をほのめかすものなど、多様だ。

 基調講演のみ、モスコーニセンターではなく、ビル・グラハム・シビックオーディトリウムで開催する。基調講演は公式サイトで13日午前10時(日本時間の14日午前2時)からライブストリーミングされる予定だ。

 wwdc 2 ビル・グラハム・シビックオーディトリウム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.