ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年04月27日 12時48分 UPDATE

YouTube、スキップできない6秒動画広告「Bumper」を5月からスタート

Googleが、モバイル版YouTubeアプリユーザーをターゲットにする6秒動画広告「Bumper」を5月からスタートする。12秒以上のTrueView広告と異なり、途中でスキップできない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月26日(現地時間)、YouTubeの新しい動画広告サービス「Bumper」を発表した。動画の前に表示される6秒間の広告で、モバイル版YouTubeアプリで特に効果があるとしている。

 同社の調査によると、米国在住の18〜49歳の約50%は、オンライン動画を視聴する際、まずモバイル端末を選ぶという。

 Bumperはそうしたモバイルユーザーが気軽に楽しめる広告を目指したもの。Googleは「Bumperは動画広告の俳句」と定義する。

 12〜180秒の長さの動画広告「TrueView」は5秒過ぎるとスキップできるが、Bumperは最後までスキップできない。

 ad 12秒以上のTrueView広告は5秒後からスキップできる

 テスト段階では、BumperはTrueViewと組み合わせると効果が上がったという。

 例えば独Audiは新車のTureView広告動画から6秒分を抜き出したBumperを2つ作成した。



 BumperはAdWordsのCPMベースの広告として幅位する。5月に提供開始の予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.