ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年04月29日 08時38分 UPDATE

Amazon.com、AWSが好調で過去最高の純利益

Amazon.comの1〜3月決算は増収増益。純利益は過去最高の5億1300万ドルだった。Amazon Web Services(AWS)の成長が続き、営業利益が北米部門を超えた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comが4月28日(現地時間)に発表した第1四半期(1〜3月)決算は、クラウドサービスのAWSが好調で、売上高は前年同期比28%増の291億2800万ドル、純利益は5億1300万ドル(1株当たり1.07ドル)だった。純利益は過去最高。前年同期は5700万ドルの赤字だった。売上高、純利益ともにアナリスト予測(売上高が280億ドル、1株当たり純利益が58セント)を大幅に上回った。

 amazon 1 4期連続の黒字だ

 Amazon Web Services(AWS)の売上高が64%増の25億6600万ドル、営業利益は210%増(3倍以上)の6億400万ドルと好調だった。AWSの売上高が売上高全体に占める割合が前期より1ポイント増え、8%になった(過去12カ月ベース)。

 amazon 2 売上高全体に占めるAWSの割合が増加した

 Amazonは売上高と営業利益を北米、北米以外、AWSの3つのセグメント別に内訳を発表している。営業利益は、北米が5億8800万ドル、北米以外は1億2100万ドルの赤字で、AWSが同四半期に初めて北米を超えた。

 ジェフ・ベゾスCEOは発表文で「Amazonの端末はAmazon.comで最も売れている製品だ。Fireタブレットの販売台数は前年同期の2倍だった。今週、39ドルの「Fire TV Stick」のカスタマーレビューが10万件を超えた。(中略)「Amazon Echo」も素晴らしいスタートを切っており、供給が需要に追いつかない状態だ」と語った。

 同社はハードウェアの販売台数を明かさない。

 資料によると、運送コストが42%増の32億7500万ドルになっている。同社は米国のプライム会員向けサービスのために、米Air Transpot Services Group(ATSG)と20機の貨物機のリース契約を結んだ。日本では一般会員向けの送料無料サービスを終了した。

 第2四半期(4〜6月期)の見通しは、売上高を前年同期比21〜32%増の280億〜305億ドルと予測した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.