ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年04月29日 16時01分 UPDATE

ニコニコ超会議2016:中村獅童さんと初音ミクがコラボ 新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」がすごかった

「ニコニコ超会議2016」で上演された「今昔饗宴千本桜」。伝統と新しい技術が融合したすばらしい舞台だった。

[太田智美,ITmedia]

 ボーカロイド曲「千本桜」を原作とした新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」(はなくらべせんぼんざくら)が「ニコニコ超会議2016」(4月29〜30日、千葉・幕張メッセ)で上演された。主演は歌舞伎俳優の中村獅童さんと初音ミク。千本桜を守り抜くため邪悪な「青龍」に立ち向かう物語で、桜京を騒がす影憑(かげつき)に桜小隊隊長のせい(青の月を円に)音海斗(VOCALOIDのKAITOが演じる)が致命傷を負わされ、ショックのあまり未來の脳内では過去の同じような場面が再生されるという衝撃的なシーンから物語は始まる。


「ニコニコ超会議2016」超歌舞伎

 中村獅童さんの圧倒的な存在感と振る舞い、初音ミクの登場シーン、CGとスクリーンの連動……と正に本物と本物と本物とがぶつかり合う本気の舞台。会場では両端に設置されたスクリーンにニコニコ生放送の画面が大きく表示。舞台から少し離れたところでは生で鳴物の演奏があり、舞台下手では板に木を打ちつけて出される効果音「ツケ」が響いていた。ライブコンサートのようなレーザーが飛び交っていたのも印象深い。

 会場には大量のコメントが流れ、そのコメントと連動して話が進められるという一面も。オンラインで見ている観客との一体感を感じさせる演出が、「ニコ生」らしさ溢れる舞台だった。詳細は会場に来てのお楽しみ。


「ニコニコ超会議2016」超歌舞伎

「ニコニコ超会議2016」超歌舞伎

 ライブ中、「会場に行きたいけど行けないくそおおおお」というコメントをいくつか見かけたが、実際に会場で見ている人は逆にオンラインに参加したくなるという不思議な「今昔饗宴千本桜」。会期中は全5回(4月29日:12時・14時・16時、4月30日:13時・15時)の公演が予定されている。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.