ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年04月29日 19時18分 UPDATE

ニコニコ超会議2016:スマホ48台で360度球体ディスプレイ “3D金魚”が泳ぐ技術、NTTと東北大

スマホ48台を円形に配置し、透明な球体ディスプレイに360度の立体映像を映し出す――そんな技術をNTTが「ニコニコ超会議2016」で公開している。

[片渕陽平,ITmedia]

 スマートフォン48台を円形に配置し、透明な球体に360度の立体映像を投影する――「ぐるりと360度球体ディスプレイ」を、NTTが「ニコニコ超会議2016」(4月29〜30日、千葉・幕張メッセ)で公開している。透明な水槽の中を泳ぐ金魚の姿を、どの方向からも観察できる。

photo 48台のスマートフォンを円形に配置
photo 中央の球体に金魚の3D映像を投影

 スマホのディスプレイごとに、別の角度から見た金魚の映像を表示。2台のスマホを1組とし、同じ角度で明暗が異なる2つの映像を作り、ハーフミラーレンズを通すことで立体感を出した。全24組のスマホから別角度の映像を投影し、中央の球体に360度の立体像が浮かび上がる仕組みだ。

photo 2台のスマホを1組とし、間にハーフミラーレンズを挟んでいる
photo 全24組のスマホから別角度の映像を映し出す

 東北大学大学院との共同プロジェクト。同社の3D映像技術を活用し、いずれはスクリーンのない透明な空間に、360度全周囲から見える映像を映すことを目指すという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.