ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2016年05月09日 13時25分 UPDATE

日本人は睡眠不足? 世界100カ国で最下位、米ミシガン大が発表

米ミシガン大学が100カ国の平均睡眠時間を調査。日本とシンガポールが7時間24分と、最も短いことが分かった。

[ITmedia]

 米ミシガン大学が100カ国の睡眠時間を調査したところ、日本人の平均睡眠時間が最も短いことが分かった。

photo ※写真はイメージ

 同チームが開発したスマートフォンアプリ「ENTRAIN」を通じ、100カ国の数千人以上の就寝時刻や起床時刻を収集。国別の平均睡眠時間を比べたところ、日本とシンガポールが7時間24分と最も短く、オランダの8時間12分が最も長かった。同チームの研究によると「国ごとの社会的なプレッシャーによる影響が強く、体内時計の働きが弱まることで就寝が遅くなり、睡眠時間の減少につながる」という。

photo 国別の平均睡眠時間

 年齢・性別で見ると、睡眠時間が最も短いのは中年男性で、大半が7〜8時間を下回っていることも分かった。女性は男性より睡眠時間が長く、全体の平均を約30分上回っている。日中、室内で働く人は、屋外で働く人よりも睡眠時間が短くなるとの研究結果も明らかにしている。

 成果は、米誌「ScienceAdvances」電子版に5月6日付で掲載された。

photo 年齢・性別ごとの睡眠時間

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.