ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年05月11日 12時45分 UPDATE

Firefoxに、安定版のまま機能テストに参加できる「Test Pilot」登場

Mozillaが、安定版ユーザーでも開発中の機能のテストに参加できる「Test Pilot」プログラムを開始した。まずは多数のタブを開くユーザー向けの「Tab Center」など3つの機能が公開された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Mozillaは5月10日(現地時間)、Webブラウザ「Firefox」の未公開機能のテストに参加できる「Firefox Test Pilot」プログラムの提供を開始した。

 Mozillaは数段階のβ版Firefoxを公開することで開発中の機能に対するユーザーからのフィードバックを得ているが、Test Pilotは安定版のユーザーが参加できるものだ。β版と異なり、テストする機能ごとに有効/無効を切り替えられるので、気軽にテストに参加できる。

 test 1 Firefox Test PilotのWebページ

 プログラムに参加するには、FirefoxでWebページを開き、「Get Started」ボタンをクリックしてログインする。メールでの認証の後、以下の様な説明があり、新機能を有効にできるようになる。

 test 2 Test Pilotに参加

 まずは3つの機能のテストが公開された。「Activity Stream」は、「新しいタブ」によく使うWebサイトの新着情報を表示する機能。「Tab Center」は、タブをウィンドウ上部ではなく左脇に並べ、カーソルを合わせると内容を表示する省スペース機能。「Universal Search」はアドレスバーに検索語を入力中に多様な推奨コンテンツを表示する機能。

 test 3 まずは3つの機能をテストできる

 使ってみて気に入らなければTest Pilotアイコン(2つ目の画像の○で囲ったアイコン)をクリックして機能のページを開き、Disableボタンをクリックすれば無効になる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.