ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2016年05月11日 14時53分 UPDATE

着るだけでドライバーの眠気を検知する「hitoe」ウェア 産学連携で実証実験

着用すると心拍データを取得できる機能素材「hitoe」を活用し、ドライバーの眠気を検知・通知するシステムの実証実験が始まった。

[松本貴志,ITmedia]

 NTTデータMSE、京都大学、熊本大学とNTTドコモは5月10日、着用すると心拍データが取得できる機能素材「hitoe」を活用したドライバー眠気検知システムの実証試験を始めた。運転中のドライバーの眠気を察知し、スマートフォンでアラート通知する。

photo 実験のイメージ

 hitoeは、東レとNTTが開発した着るだけで心拍数や心電波形などの生体情報を計測できる機能素材。ナノファイバー生地に高導電性樹脂を特殊コーティングし、生体信号を高精度で検出できる上、耐久性に優れるのが特徴だ。

 同素材のインナーウェアを着用したドライバーの心拍データをトランスミッターを介してスマホに送信し、専用アプリと連携する。京都大学と熊本大学が共同開発した眠気察知アルゴリズムを用いて、夜間や長時間運転をするドライバーの眠気をリアルタイムに察知し、ドライバー自身にアラート通知するとともに、管理者にもメールで知らせる。

 実験は8月31日まで、運送会社の協力を得て実施予定。実運用を通じ、ドライバーや管理者への通知タイミングや通知方法の精度向上を図り、商用化を目指す。

 将来的には、クラウド上に取得した心拍データを蓄積し、過去のデータとの比較や傾向を把握する機能や、車線逸脱などの運転情報と心拍データを連携した統合的なアルゴリズムの開発も視野に入れる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.