ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年05月13日 07時20分 UPDATE

Google、iOS向け検索ボタン付きキーボード「GBoard」(まずは英語版)

Googleが、iPhoneおよびiPad向けのキーボードアプリ「GBoard」を米国のApp Storeで公開した。キーボードから1タップでGoogle検索し、カード状で表示される検索結果をアプリ内にペーストできるのが特徴。レストラン情報カードや絵文字、GIF、動画などをペーストできる。また、Swypeのようなスライド式入力をサポートする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月12日(現地時間)、iOS向けキーボードアプリ「GBoard」を発表した。まずは英語版を米国のApp Storeで公開した。

 GBoardという名前は、「Google検索」+「KeyBoard」に由来する。

 キーボードの左上にGoogle検索を起動するGボタンが付いており、タップするとキーボード内で検索し、検索結果を起動中のアプリにペーストできる。

 gboard 1 Google検索ボタン付きキーボード「GBoard」

 キーボードアプリなので、メールやマップ、SNSなど、様々なアプリで利用できる。

 例えばメッセンジャーアプリでチャット中に待ち合わせに使うカフェの場所を説明する時、Gボタンをタップして表示される検索枠にカフェの名前を入力すると、そのカフェの情報カードが複数表示される。適切なカードをタップで選んでコピーし、「Send」ボタンをタップすると、チャットのフキダシとして表示される。


 このGボタンでは、絵文字やGIFアニメも検索できる。例えばメールに絵文字を入力する際、絵文字一覧をスワイプしながら目的の絵文字を探さなくても、「dancer」などを検索すればダンサーの絵文字が候補として表示される。

 gboard 2 絵文字検索もできる
 gboard 3 Swypeのような「Glide Typing」

 また、米Nuance Communicationsのキーボードアプリ「Swype」のようなキーボードを指でなぞる入力方式「Glide Typing」を採用しており、(慣れれば)高速入力が可能という。

 Googleは、米国の英語版以外の言語のサポートを段階的にしていく計画としている。GBoardはiOS版のみで、Android版の予定は不明だ。Android版「Googleキーボード」にはまだGボタンは付いていない。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.