ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年05月17日 09時52分 UPDATE

Google、新ソーシャルサービス「Spaces」をAndroid/iOS/Webで公開

Googleが、トピックごとに情報をグループ共有するための新ソーシャルサービス「Spaces」を公開した。アプリ内のGoogle検索で検索した情報や、スマートフォン内の写真などを投稿でき、コメント欄にはFacebookメッセンジャーのスタンプのような画像も用意されている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月16日(現地時間)、トピックごとに情報をグループで共有するためのソーシャルサービス「Spaces」を発表した。AndroidおよびiOSアプリと、Webアプリを公開した。Googleアカウントを持っていれば、誰でも利用できる。

 本稿執筆現在、iOSアプリとWebアプリは既に使えるようになっている。

 spaces 1 Webアプリ版Spaces

 ユーザーはトピック(Space)を立てて情報を共有したいユーザーをメールやFacebookなどで招待する。モバイルアプリでは、投稿画面に統合されたGoogle検索で検索した情報を投稿できる。下の図は、iOS版Spacesアプリの画面だ。自分の、あるいは招待されたSpaceでは、画面下中央のボタン(左図の赤い○の部分)をタップして表示される画面で、Google検索した結果やYouTube動画、端末内の写真、テキストなどを投稿できる。

 spaces 2 iOS版Spaces

 Space内の各投稿はそれぞれにコメントを付けられる。各投稿をタップ(クリック)するとメッセンジャーのようなコメント追加画面になり、関連する写真やリンク、テキスト、Facebookメッセンジャーのスタンプのような「ステッカー」をコメントとして追加できる。

 spaces 3 メッセンジャーのようにスタンプや写真を投稿できる

 参加しているSpacesに誰かが新規に投稿あるいはコメントすると、プッシュ通知を表示できる(初期設定ではオフ)。

 Spaces内の検索では、Googleフォトと同様に写真も検索できる。

 同好の士と情報共有するツールとしては、FacebookグループやGoogle+などがあるが、こうしたグループでは複数のトピックが混在し、煩雑になりがちだが、Spacesではトピックごとにまとめられ、トピックの検索もできるのでまとめやすそうだ。

 Googleは18日から開催する「Google I/O 2016」のSpacesをセッションごとに公開する計画という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -