ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年05月17日 11時43分 UPDATE

Apple、「iTunes 12.4」リリース 楽曲削除問題に対処したかどうかは不明

Appleが、OS X版のiTunesをバージョン12.4にアップデートした。ユーザーインタフェースがシンプルになり、楽曲のドラッグ&ドロップでプレイリストに楽曲を追加するサイドバーが復活した。同社が先週予告した楽曲が削除されてしまう問題に対処したかどうかについては、リリースノートには明示されていない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは5月16日(現地時間)、OS X版のiTunesのバージョン12.4をリリースした。Mac App Storeでアップデートできる。

 itunes 1 Mac App Storeのリリースノート

 上図のリリースノートにあるように、ユーザーインタフェースをシンプルにし、「戻る」と「進む」ボタンでライブラリ、Apple Music、iTunes Store間を移動できるようになった。また、「ミュージック」「ムービー」「テレビ番組」などを切り替えて「編集」で項目を選択できる。

 さらに、サイドバーが復活し、曲をドラッグ&ドロップすることでプレイリストに追加できるようになった。

 itunes 2 iTunes 12.4のサイドバー

 Appleは14日、Apple MusicのユーザーがMacに保存していた楽曲データが勝手に削除されてしまったという苦情に対処するアップデートを近く実施するとiMoreに語ったが、少なくともリリースノートにはこの問題に対処したかどうかは明示されていない。

 iMoreでiTunes 12.4のアップデートに関する記事を書いた同メディアのアンディ・アイナツコ氏は自身のTwitterで以下のようにツイートした(添付画像は、いつもルーシーにだまされているチャーリー・ブラウンが、まただまされてしまう「ピーナッツ」コミックスの1シーンだ)。

 Appleは6月開催のWWDCで、「Apple Music」の大幅アップデートを発表するとうわさされている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.