ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2016年05月20日 14時08分 UPDATE

やわらかタッチパッドをなでて押して演奏 電子楽器「CMG」、製品化資金募る

3Dタッチパッドをなでたり押したりして演奏する電子楽器「The Cell MUSIC GEAR」が製品化資金を募っている。

[加藤まり,ITmedia]

 3Dタッチパッドをなでて演奏する電子楽器「The Cell MUSIC GEAR」(CMG)がクラウドファンディングサイト「Makuake」で製品化に向けた資金を募っている。実機が手に入る支援コースは2万8000円から。出荷は9月を予定している。

photo

 楽器デザイナーの中西宣人さんと、東大発ベンチャーのタッチサイエンスが共同開発。圧力を感知する柔軟触覚センサを16個内蔵したパッドの表面を、指でなぞる、たたく、手のひらで全面を押す――などのアクションで音をコントロールする。

 PCに接続し、作曲・演奏ソフトと連携したMIDIコントローラーとして使用する。楽曲制作だけでなく、ギターやシンセサイザーのエフェクター、DJプレイのコントローラーとしても利用できる。

photo

 センサー出力の利用方法やLEDの点灯パターンをプログラミングし、オリジナルの音楽機材にカスタマイズすることも可能だ。10月1日から開発キットを配布する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.