ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2016年05月24日 23時00分 UPDATE

Twitter、140字制限を一部緩和 画像添付や引用リツイートをカウント外に

Twitterが140字制限の一部緩和を発表した。今後数ヶ月かけて順次変更していく。

[ITmedia]

 米Twitterは5月24日、Twitterの140字制限を一部緩和すると発表した。画像の添付やリプライ時の宛先のユーザー名などがカウント外になる。今後数ヶ月かけて順次変更していく。

 変更点は以下の通り。

(1)返信ツイートの宛先がカウント外に

 返信の際、冒頭に表示していた「@ユーザー名」が140字のカウント外になる。宛先の表記はなくなるが、通常の投稿とは区別し、表示範囲は従来の返信と同じく、送信者と返信者および双方をフォローするユーザーのままだ。

(2)画像添付や引用時の使用文字数がカウント外に

 写真や動画、投票、引用ツイートで使用されていた24文字分がカウント外になる。

(3)自分の過去のツイートのリツイート(RT)や引用が可能に

 自分が過去にしたツイートのRTや引用が可能になる。この場合も(2)と同じく文字数にはカウントされない。

(4)「.@ユーザー名」ツイートの撤廃、仕様変更

 返信以外の「@ユーザー名」から始まるツイートを、通常の投稿と同様に投稿者のフォロワー全員のタイムラインに表示する。特定のツイートへの返信の場合は(1)となる。

 誰かに向けたツイートを2者間ではなく、他の人のタイムラインにも表示したい場合、返信扱いとなるのを回避するために@の前に「.」を付ける運用がユーザー側で取られていた。Twitterに慣れていないユーザーにとっては分かりにくいことを踏まえて変更する。

photo

 4月の決算報告時にジャック・ドーシーCEOが示した「サービスの見直し」の一環という。今後数カ月かけて順次仕様変更を行っていく。

  今回の変更はあくまで全体の文字数は140字というルールの中で機能面での調整・変更となるが、140字制限自体の撤廃に関してもこれまでに何度かうわさが浮上している。3月にもドーシーCEOがこのうわさを否定した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.