ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年05月25日 11時18分 UPDATE

LINE、「福岡に自社ビル建設断念」報道にコメント 「現時点で決まった事実はない」

LINEが福岡市博多区で自社ビル建設を断念したとする報道に「現時点で決まっている事実はない」とコメントした。

[ITmedia]

 LINEは5月25日、福岡市博多区で予定していた自社ビル建設を断念したという一部報道に対し「現時点で決まっている事実はない」とコメントした。

photo 14年2月に公表した新社屋の外観デザイン

 2013年7月に、地上11階、地下2階建ての自社ビルの建設を発表し、当初は15年の完成を目指していた。14年12月に建設関連費用の高騰を理由に「適切な時期を見定めるまで延期」と決定し、その後動きがなかった。

 自社ビルの建設を断念し、土地も売却する方針――という25日付の一部報道に対し「現時点で決まっている事実はない」とコメント。予定地は引き続き所有しており、14年に決定した着工延期が続いている状態と説明した。

photo 工事用フェンスに囲まれた建設予定地(2014年3月)

 JR博多駅から徒歩数分の建設予定地は、白い工事用フェンスで囲まれている。ある時期まではLINEのキャラクターのイラストが飾られていたが、現在は剥がされているようだ。

 自社ビル建設に未着工のまま、子会社のLINE Fukuokaは23日にオフィス移転を発表。これまで3拠点に分かれていたオフィスを1カ所に集約した。従業員は現在700人を超えており、今後も拡大予定という。「業務効率化を目指した移転で、自社ビル建設の取りやめと直結するものではない」と説明している。

photo LINE Fukuokaの新社屋は博多駅直結の「JRJP博多ビル」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.