ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2016年05月25日 19時08分 UPDATE

顔写真1000万件から特定人物を8.31ミリ秒で発見―――東芝、ビッグデータの高速照合技術を開発

1000万件の顔画像データから特定の人物を8.31ミリ秒で抽出――ビッグデータを高速照合する処理技術を東芝が開発した。

[ITmedia]

 1000万件の顔画像データから特定の人物を8.31ミリ秒で抽出する――東芝は5月25日、ビッグデータを高速照合する処理技術を開発したと発表した。空港などの監視カメラで、国際手配者の顔写真リストと照合するなどの活用を見込む。

photo

 計算処理を短縮する「ベクトル符号技術」「ベクトル索引技術」、粗い検索と細かい検索を段階的に組み合わせる「パイプライン検索技術」を連携し、高速かつ高精度の照合を実現した。実験では、5800人の顔を映した全1000万枚の画像を使い、顔認識精度98%以上を保ちながら、8.31ミリ秒で特定の人物を抽出できたという。

 駅や空港の監視カメラの映像から特定の人物を見つけ出す、金融工学に応用し特徴的な株価の動きを照合する、工業部品から欠陥部品を探す――などの活用を見込む。

 同社のビッグデータ向けデータベース「GridDBR」と組み合わせ、2016年度中に製品化を目指すとしている。

photo 「ベクトル符号技術」「ベクトル索引技術」「パイプライン検索技術」を連携
photo 駅や空港の監視カメラの映像から特定の人物を発見
photo 金融工学に応用し特徴的な株価の動きを照合

編集部注:お詫びと訂正

変更履歴(22:00):初出時、1000万件の顔画像データを処理するのに要する時間を「8.31秒」としていましたが、「8.31ミリ秒」の誤りでした。おわびして訂正いたします。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.