ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年05月26日 17時47分 UPDATE

LINE、福岡の自社ビル建設計画中止 予定地を売却

LINEが福岡市博多区に予定していた自社ビル建設を中止した。予定地はJR九州に売却する。

[ITmedia]

 LINEは5月26日、福岡市博多区に所有していた自社ビルの建設予定地を6月29日付でJR九州に売却すると発表した。建設関連費用の高騰で当初予算を上回り、「着工は困難な状況」と判断したという。

photo 14年2月に公表した新社屋の外観デザイン

 2013年7月に、地上11階、地下2階建ての自社ビルの建設を発表し、当初は15年の完成を目指していた。14年12月に建設関連費用の高騰を理由に「適切な時期を見定めるまで延期」と決定し、その後動きがなかった。

 25日に「自社ビル建設を断念し、予定地を売却」という報道があったが、「現時点で決まった事実はない」とコメントしていた。

 同社は「建設開始の適切な時期を見定めてきたが、当初構想での着工は困難な状況」と判断したと説明している。

 新社屋に入居予定だった子会社LINE Fukuokaは23日に「JRJP博多ビル」に移転済み。従業員数は5月時点で約700人。

photo LINE Fukuokaは別のビルに移転済み

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.