ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年06月22日 13時32分 UPDATE

孫社長「悩んでさらに毛が抜けた」 “後継者”アローラ氏退任の理由を語る (1/3)

ソフトバンクグループの孫社長は、“後継者”ニケシュ・アローラ氏の退任について「とても悩んだ」と明かした。「シンギュラリティ」を迎えるに当たり、「あと5年、10年は社長でいたい」と考えを変えたという。

[岡田有花,ITmedia]

 「今回のニケシュの件は本当に悩んで、さらに毛が抜けた」――ソフトバンクグループの孫正義氏は6月22日の定時株主総会で、前日に“電撃発表”したニケシュ・アローラ副社長の退任について、頭に手をやりながらこう話した。

画像 孫社長(株主総会のライブ配信より)

 孫社長はアローラ氏を後継者に指名しており、来年にも社長の座を譲るつもりだったが、最近になって考えを変え、「あと5〜10年」は社長を続投することに決めたという。

 退任の背景に2人の確執があるとも報じられる中、孫社長はアローラ氏へのいたわりの言葉を繰り返し、アローラ氏も孫社長への感謝を述べるなど、「円満退任」をアピールした。

 アローラ氏は、米Googleで上級副社長兼CBO(最高事業責任者)を務め、2014年にソフトバンク(当時)に入社。15年からは代表取締役副社長として各国でM&Aを推進したほか、中国Allibabaや米Supercell株式の売却も主導した。同氏は「数年のうち」にソフトバンクグループのトップに就任したい考えだったという。

 孫社長も当初は、来年8月の60歳の誕生日パーティの席でアローラ氏に社長を譲るつもりだった。「シリコンバレーで60歳といえば化石のような年寄り。僕がソフトバンクの成長のボトルネックになってしまう。老害と言われる前に若い者にバトンを渡さないと」と考えていたという。

「やり残したことがある」

 孫氏は今年59歳。残された時間は1年だ。「俺は十分枯れたかな? と考えると、まだ欲が出てきた」。「欲」を刺激したのは、「シンギュラリティ」(Singularity)の到来だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.