ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2016年06月28日 16時58分 UPDATE

自分の細胞から毛髪再生 脱毛・薄毛の新治療法に 東京医科大、資生堂などが臨床研究

東京医科大学や資生堂などが、毛髪を再生する臨床研究をスタート。患者本人の細胞を採取し、培養した後で移植する。

[ITmedia]

 東京医科大学、東邦大学、資生堂は6月27日、脱毛や薄毛の患者を対象に、毛髪を再生する臨床研究を始めると発表した。患者自身から採取した毛髪の細胞を培養し、脱毛部位に移植する方法を試す。安全性・有効性を確認し、実用化を目指す。

photo 臨床研究の流れ

 患者の後頭部から直径数ミリの頭皮を採取し、毛髪の成長を促す細胞だけを取り出す。資生堂の研究施設でそれらの細胞を培養し、患者本人の脱毛部位に移植する。

 自分の細胞を使うため、免疫拒絶などの副作用がない安全性の高い治療と見込まれる。採取する頭皮も少なくて済み、身体への負担が小さいという。毎日使う必要がある育毛剤と違い、一度の治療で効果の持続し、男女を問わず応用が期待できるとしている。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.