ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年07月05日 12時58分 UPDATE

Chromeブラウザからの「Google Cast」が拡張機能不要に

GoogleのWebブラウザ「Chrome」のバージョン51のメニューに「キャスト」という項目が追加された。ここから「Google Cast」(旧Chromecast)端末を探して画面のミラーリングを開始できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Googleは、WebブラウザChromeのバージョン51から、拡張機能なしで「Google Cast」を利用できるようにした。公式ブログなどでの発表はないが、米Vergeなどが7月4日(現地時間)、Chromecastヘルプの更新に気づいて報じた。

 cast 1

 ヘルプによると、Chrome 51以降のChromeブラウザであれば、拡張機能の「Google Castツールバー」をインストールせずにGoogle Cast端末を検出したり、使用したりできる。

 cast 2 メニューに「キャスト」が表示される

 本稿筆者の環境でもブラウザのメニューに「キャスト」という項目が追加されている。これをクリックすると、同じネットワーク内にGoogle Cast端末が接続されていれば自動的に検出するので、1クリックで端末を選んで接続し、キャスト元の画面をミラーリングできる。

 また、これまではミラーリングの解像度やビットレートなどを設定できたが、これらがコンテンツやネットワーク品質に応じて自動調節されるようになった。

 さらに、Chromeの画面をGoogleハングアウトでのチャット中にミラーリにグできるようになった。詳細はこちらを参照されたい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.