ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2016年07月05日 14時44分 UPDATE

IIJ、郵便局で格安スマホ販売 高齢者への普及目指す

IIJが、MVNOによる個人向けデータ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」を、郵便局に置いたカタログで販売すると発表。高齢者などに格安スマホの普及を目指す。

[ITmedia]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は7月5日、MVNOによる個人向けデータ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」を、8月1日から郵便局で販売すると発表した。低価格のSIMカードとスマートフォンをセットにした商品で、まずは東海地方(岐阜、愛知、静岡、三重)の郵便局2050局で販売。順次全国の郵便局に展開する。高齢者などへの格安スマホの普及を目指すという。

 下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsの高速通信が利用できるサービス。音声機能付きSIM「みおふぉん」を、SIMロックフリー端末「arrows M03」にセットして使う。端末代金は3万2800円(税別)、通信料は月額1600円(同)(端末代金一括払いの場合)。

photo

 郵便局の店頭でカタログを入手し、電話かはがきで申込書を請求。自宅に届いた申込書に必要事項を記入して返送すると、スマホが郵送で届く仕組みだ。初期設定は不要で、電源を入れるだけで利用できる。

 IIJの広報担当者によれば「家電量販店などが少ない地方でも格安スマホの情報が手に入るよう、全国の郵便局を活用したい」という。郵便局専用のコールセンターを用意し、スマホ初心者や高齢者でも利用できるようサポートする計画だ。

photo 音声機能付きSIM「みおふぉん」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.