ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年07月07日 09時27分 UPDATE

Snapchat、ついにスナップの保存・再投稿を可能に 新機能「メモリ」発表

開封すると消えるスナップ(投稿)で人気のSnapchatが、過去の自分のスナップを検索・表示・再投稿できるようにした。新機能「Memories(日本では「メモリ」)は現在ローリングアウト中だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Snapchatは7月6日(現地時間)、過去の「スナップ」(投稿)や「ストーリー」を保存し、再共有する新機能「Memories(日本では「メモリ」)を発表した。向こう数カ月かけて全ユーザーに“ローリングアウト”していく。

 Snapchatの最大の特徴は、相手が開封するとスナップが消えることだった。その場限りの気軽な投稿が可能なため、若者の間で人気が出た。メモリの追加は、サービスの性格を大きく変えることになる。米国では6月にはDAU(日間アクティブユーザー数)がTwitterを超えたと報じられている。

 メモリを使うには、スナップ撮影画面を上にスワイプする。過去に自分で投稿したスナップとストーリーがすべて表示され、キーワード検索でフィルタすることも可能だ(説明はないが、機械学習による画像検索機能を搭載しているようだ)。

 snap 1 メモリ画面

 過去のスナップを再投稿したり、新しいストーリーに追加したりできる。例えば何かの記念日に、過去の同じ日のスナップを使ったストーリーを作るといった使い方が考えられる。ユーザーが再投稿したスナップは縁取られるので、それが今ではなく過去のスナップであることが分かる。

 同社はメモリの提供と同時に、過去のスナップで人に見られたくないものを「My Eyes Only」として保護する機能も追加した。例えば1台の端末を家族で共有する場合などに、あまり人には見せたくないが削除したくないスナップを保存できる。

 デモ動画(記事末に転載)では、両親と彼と会食中、彼とのハワイ旅行中に投稿した一連のスナップをメモリ機能で両親に見せる際、キスしているスナップなどをMy Eyes Onlyで非表示にするという使い方を紹介している。

 snap 2 My Eyes Only

 この機能が使えるようになると、Team Snapchatからチャットで通知がくる。同社は「これはSnapchatにとって大きなサービスの変更だ」としている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.