ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年08月23日 12時03分 UPDATE

Linuxが誕生25周年、24日にはリーナス・トーバルズ氏が基調講演

1991年8月25日に当時ヘルシンキ大学の大学院生だったリーナス・トーバルズ氏がLinuxをリリースしてから今年で25周年になる。The Linux FoundationはLinuxを「史上最も成功したソフトウェアプロジェクト」と讃え、開催中の開発者会議LINUXCONで特別イベントを開催する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 UNIX互換のOSカーネル「Linux」が今年で誕生25周年を迎える。開発者であるリーナス・トーバルズ氏がリリースを告知したのは1991年8月25日だった。

 当時、フィンランドのヘルシンキ大学の大学院生だったトーバルス氏は「(フリーの)OSを作ってみた(ただの趣味だし、GNUみたいに大規模なプロフェッショナルなものにはならないと思う)」としていたが、Linuxの普及を支援する非営利団体Linux Foundationによると、11年前から累計で1300社以上の企業の1万3500人以上の開発者がLinuxカーネルに貢献する大規模なOSに成長した。

 linux 1 Linux Foundationによるインフォグラフィックス(一部)

 Linux Foundationは8月22日(現地時間)からカナダのトロントでLinuxの開発者会議LINUXCONを開催している。エグゼクティブディレクターを務めるジム・ゼムリン氏は同日の基調講演で、Linuxは史上最も成功したソフトウェアプロジェクトであり、25周年は重要な節目だと語った。同氏によると、毎日1万800行のコードが追加され、5300行が削除され、1875行が修正されているという。同氏はまた、LINUXCON会場で24日夜、ブラックタイ(正装)での祝賀会を開催すると語った。イベント概要では、(マスコットのペンギンTuxに敬意を表して)タキシードの着用が推奨されている。

 linux 2 LINUXCONの基調講演に登壇したジム・ゼムリン氏(画像:Linux Foundation)

 同日、トーバルス氏はLinuxカーネル4.8の3回めのRC(リリース候補)をリリースした。同氏は24日の午前9時(日本時間の同日午後10時)に開始の基調講演に登壇する。ライブストリーミングを視聴するにはこちらでの登録が必要だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -