ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年09月26日 15時45分 UPDATE

東京駅に対話型ロボット 駅構内や観光名所を外国人に案内 10月から

東京駅で日立製ロボット「EMIEW3」が周辺施設などを案内する実証実験が10月にスタート。日本語、英語、中国語に対応する。

[ITmedia]
photo 人型ロボット「EMIEW3」

 JR東日本と日立製作所は9月26日、人型ロボットが東京駅構内や周辺施設の情報を訪日外国人向けに案内する実証実験を10月3日に始めると発表した。駅構内でロボットを使った接客サービスが可能か、技術的な課題を確認するという。

 東京駅丸の内北口の「JR EAST Travel Service Center」内に、日立製のロボット「EMIEW3」とディスプレイを設置。ユーザーがロボットに話しかけると、列車の発着情報や、外貨両替所、コインロッカー、トイレなどの施設情報、周辺の観光名所などの情報を案内する。ロボットの音声案内に加え、ディスプレイ上に画像や動画も表示。日本語、英語、中国語の3カ国語に対応する。

 期間は10月3〜28日(土休日を除く)。アンケートや利用状況の調査を踏まえ、実用化に向け検討するとしている。

photo 日立製作所が想定するEMIEW3の活用シーン

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.