ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年09月27日 19時40分 UPDATE

座ったまま動ける「自動運転イス」、日産が開発 貸与先を募集中

「自動運転技術が椅子に搭載されたら……?」 自動で行列を作って進む椅子を日産自動車が開発した。

[ITmedia]

 日産自動車は9月27日、行列を作って自動で進むユニークな椅子「プロパイロットチェア(ProPILOT CHAIR)」のデモンストレーション動画をYouTubeで公開した。同社の一部車種に搭載している自動運転技術「プロパイロット」を応用して開発したという。

photo

 飲食店の行列などでの利用を想定。横並びになっている椅子のうち、最前列に座っていた人が立ち上がると、その人の椅子は自動で最後尾まで移動する。その他の椅子は直前の椅子をカメラで認識して一定の距離を保ちながら追従し、1つずつ自動で前にずれる仕組みだ。

 公開した動画では、実際に飲食店の行列でプロパイロットチェアを使用したシーンを用いながら、椅子に搭載されたシステムを紹介している。

 非売品だが、9月29日〜10月2日の4日間、神奈川県横浜市にある日産グローバル本社ギャラリーで展示する。また、実際に店舗で使ってみたい飲食店を募集し、無償貸与するキャンペーンも実施している

 日産のプロパイロットは、高速道路などの同一車線上で、先行車両との車間距離を一定に保ちながら、車線中央を走行するようにステアリング操作を支援する技術。8月24日に発売した新型「セレナ」に搭載されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -