ITmedia NEWS >
ニュース
2016年09月29日 13時25分 UPDATE

くり返しの曲げ・ねじりに耐える「フレキシブルリチウムイオン電池」 パナソニックが開発

パナソニックは、くり返し曲げたりねじったりしても性能を維持できるフレキシブルリチウムイオン電池を開発した。10月下旬にサンプル出荷を始める。

[ITmedia]

 パナソニックは9月29日、くり返し曲げたりねじったりしても性能を維持できるフレキシブルリチウムイオン電池を開発したと発表した。厚さ0.55ミリで、3種類のサイズを用意。カード型デバイスやウェアラブル端末向けに、10月下旬からサンプル出荷する。

画像
画像

 カード型端末の電源には従来、薄型リチウムイオン電池などが搭載されてきたが、衣服のポケットや財布などの中でたわんだりねじれたりして変形して劣化し、機器の動作時間が短くなるという課題があった。

 新製品は、曲げ・ねじりに強い独自の積層電極構造を採用し、カード向けJIS規格以上の曲げ・ねじり耐性を確保。曲げ半径R25ミリ、ねじり角25度でくり返し曲げたりねじったりしても、性能を維持できるという。

 曲げ半径R25ミリで1000回の曲げ試験と、ねじり角±25度/100ナノメートルで1000回のねじり試験を行ったところ、それぞれ初期容量比99%以上の容量を維持したという。曲げ・ねじり試験後、充放電サイクル試験を1000回実施しても、初期容量比約80%の容量を維持できたとしている。

画像
画像

 新たに開発したラミネート外装体や内部構造を採用することで、くり返し曲げ・ねじり変形した際にも液もれが生じにくく、異常な温度上昇も起きにくいため、身体に装着する機器にも安心して搭載できるとしている。

 サイズは28.5×39.0ミリ(公称容量17.5mAh)、35.0×55.0ミリ(同40mAh)、44.0×65.0ミリ(同60mAh)の3タイプを用意した。厚さはそれぞれ0.55ミリ。

画像

 今後、量産化に向けた開発を進めるとともに、電池のさらなる薄型化に向けても開発を進めていき、さまざまなIoT関連商品に提案する。

 10月4日に千葉・幕張メッセで開幕する「CEATEC JAPAN 2016」に出展する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.