ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年10月20日 16時14分 UPDATE

小田急ロマンスカーに新型、2018年導入へ 窓を大きく、Wi-Fi整備も

小田急電鉄が、特急ロマンスカーの新型「70000形」を2018年に導入。沿線の景色が楽しめるように側面の窓を大きくしたほか、車内Wi-Fiサービスなども備えるという。

[ITmedia]

 小田急電鉄は10月20日、東京と箱根を結ぶ特急ロマンスカーの新型「70000形」を、2018年3月から運行すると発表した。先頭車両には、ロマンスカーのシンボルとなっている「展望席」を16席設ける。車両側面には高さ1メートルの窓を採用し「流れ行く沿線の風景が楽しめる」という。

photo 外観のイメージ

 車両の左右の振動を抑える装置「電動油圧式フルアクティブサスペンション」を搭載し、乗り心地を向上させるほか、訪日外国人向けにスーツケースなどの荷物を収納できるスペースや、車内Wi-Fiサービスも用意するという。

 このほか、出入り口と客室内に防犯カメラを設置したり、案内用の点字、電動車いすに対応したトイレや乗車スペースを整備したり――と、安心・安全面の工夫も凝らすとしている。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.