ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2016年08月24日 13時46分 公開

架線がなくても電池で走る“次世代電車”「DENCHA」、JR九州が運行 10月から

線路上に架線がなくても蓄電池で走る「DENCHA」をJR九州が10月から運行。架線がある区間では走りながら充電する。

[ITmedia]

 JR九州は8月24日、蓄電池を搭載し、線路上に架線がない区間でも走れる電車「DENCHA」(DUAL ENERGY CHARGE TRAIN)の営業運転を10月19日に始めると発表した。「気動車(ディーゼルカー)にかわる次世代の車両」(同社)としている。

photo DENCHA

 架線がある区間では、従来の電車と同じように架線からの電力で走り、同時に蓄電池を充電する。架線がない区間では、電力を取り込むためのパンタグラフを折りたたみ、蓄電池の電力だけで走る。地球をイメージした青色の外観は、環境への配慮を表現したという。

photo 架線がない区間では、蓄電池の電力だけで走る

 運転区間は、福岡県・筑豊本線(若松線)の若松駅から折尾駅まで。10月19日以降、火曜日を除き、同区間を1日4往復する予定。

photo 車内のイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.