ITmedia NEWS >
ニュース
2016年10月25日 12時40分 UPDATE

私鉄沿線住みで電子マネー未経験のiPhone 7 PlusユーザーがApple PayとモバイルSuicaを使ってみた (1/3)

生粋のiPhoneユーザーで、おサイフケータイなにそれという態度であった筆者のところにiOS 10.1が降ってきた。これでiPhone 7 Plusが電子マネー端末になったのだ。

[松尾公也,ITmedia]

 iPod発表から15年と1日たった2016年10月25日、iOS 10.1とともに、ボケと経路情報とApple Payがやってきた。ボケと経路情報はすぐに試して役立ちそうだけど、Apple Payはそうではない。そもそも電子マネーには縁遠い生活を送っているし、電車はJR使わないし。

photo とりあえずポートレートモードで猫のボケ写真を撮りまくる

 そんなユーザーでもApple Payは便利なものなのか。初日の体験をレポートする。

そもそもSuicaがない

 そういえば、ぼくはいま、Suicaカードを持っていない。いや、2枚ほど作ってどこかにあるはずなのだが、家の中で行方不明なのだ。電車やバスではPASMOを使っている。最寄駅は西武池袋線なので、Suicaではなく、PASMOなのだ。

photo 妻名義のPASMOを使い続けている

 なのでSuicaを作ることから始めなければならない。まずはSuicaアプリをApp Storeからダウンロード。これがあれば、ゼロからSuicaカードを作成できる。East Japan Railway Company、つまりJR東日本のアプリで、ここがリリースしているiPhoneアプリは9個もあって、そのどれを使うのかが名前だけだと紛らわしいのだが、「Suica」というアプリを選択。

 名前を記入するタイプのSuicaにして作ってみたが、チャージしないといけない。

 あいにくぼくが持っているのは、アメックスが発行したアメックスカードと、みずほ銀行のUC/MasterCard。どちらもApple Pay対応クレジットカード発行者の一覧にない。いや、待てよ。みずほのクレジットカードの裏面を見ると、発行者がクレディセゾンとなっている。これは、いけるかもと試してみたら、Walletアプリで認識してくれた。

 キャッシュカードはみずほ銀行が発行者だが、クレジットカードはクレディセゾンの発行だったのだ。

 Suicaカードを作成したはいいが、チャージができなかったのが、これで解決。iPhoneの中だけで、Suicaへのチャージが可能になった。SuicaアプリではApple Pay非対応のクレジットカードでもチャージできるらしいが、その前にWalletで登録したので未確認。

 物理的なSuicaカードではなくて、iPhone 7 Plusの中にできる、バーチャルなSuica。iPhoneのSuicaをモバイルSuicaと呼んでいいかどうかというのは結構議論になったのだけど、登録後にJR東日本から届いたメールを見ると、「モバイルSuica」にご登録/及びSuica発行をいただきありがとうございます」とある。なんだ、モバイルSuicaでいいのか。

 とにかくこれで、券売機で並ぶ必要がなくなったわけだ。ぼくは足を悪くして外出時には杖をついている状態なので、歩行距離を少しでも縮められるのはありがたい。

 PASMOでチャージしてあってもいつのまにか残高不足になっていて、改札やバスの搭乗口であたふたすることが多い。iPhoneのSuicaアプリやWalletアプリを見れば残高が確認できるので、そういうこともなくなる。オートチャージができればチャージの必要もなくなるのだが、現時点では手持ちのクレジットカードがオートチャージには非対応なのでしょうがない。

photo チャージも済んだ
photo 指紋認証なしで改札を通過できる設定は当然やっておく

 さっそくバスや電車で使おうと思ったが、その前に昼飯を食べなくてはいかん。近くのコンビニに出かけてApple Payを使うことにしよう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -