ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年10月25日 13時50分 UPDATE

Google、VR/AR“視線操作”技術のEyefluenceを買収 「Daydream」に統合か

VRプラットフォーム「Daydream」を擁するGoogleが、VR/AR環境向け視線操作技術を開発するEyefluenceを買収する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleが、VR/AR環境で利用する視線操作技術を開発する米新興企業Eyefluenceを買収する。Eyefluenceが10月24日(現地時間)、公式ブログで発表した。買収総額などの詳細は公表されていない。

 eye 1

 Eyefluenceは2013年創業の、カリフォルニア州ミルピタスに拠点を置く非公開企業。創業者はかつて、デジタルペンメーカーLivescribeを創業したジム・マーググラフ氏だ。

 視線による操作技術は一般にアイトラッキングと呼ばれるが、Eyefluenceは従来の技術より高度な自社の技術を「アイインタラクション」と呼ぶ。マーググラフ氏は8月にAR関連カンファレンスの基調講演で、専用ヘッドセットを装着した視線やまばたきだけでアプリを開いたり、写真を撮影したり、アルバムから写真を選んで他のユーザーに送ったりするデモを披露した(YouTube動画)。

 eye 2 視線でアプリを操作するデモ

 Eyefluenceは発表文で「Googleにわれわれの力を統合することで、今後もアイインタラクション技術の開発を続け、人類の可能性をより大きな規模で拡張していく」としている。

 Googleは5月、VRプラットフォーム「Daydream」を発表し、11月に対応するVRヘッドセット「Daydream View」を発売する。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.