ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年10月27日 09時42分 UPDATE

約300ドル(約3万円)から:MicrosoftのMRプラットフォームベースのVR HMD、HPやDellから来春発売へ

Microsoftが来春予定している次期Windows 10アップデート「Creators Update」に合わせ、HPやDellなど5社が対応する安価なVR HMDを発売する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは10月26日(現地時間)、Windows 10に関するプレスイベントで、次期アップデート「Creators Update」に合わせて複数のサードパーティーから対応するVR HMD(仮想現実ヘッドマウントディスプレイ)が発売されると発表した。

 パートナーとして発表されたのは、米HP、米Dell、中国Lenovo、台湾ASUS、台湾Acerの5社。

 vr 1

 Microsoftは6月に、同社のMR(複合現実) HMD「HoloLens」のプラットフォームである「Windows Holographic」をサードパーティーに提供すると発表しており、VR HMDの発売はその成果になる。

 これらのVR HMDでは、Windows 10のアプリ(EdgeブラウザやMicrosoft Officeなど)をVR空間で利用できる。また、米Oculus VRのOculus Riftなどが必要とする別置きの位置情報センサーなしで、6自由度(XYZ軸への移動と回転が可能)を実現する。

 vr 2 安価なノートPCとの接続で利用できる

 具体的な要件は発表されなかったが、これらのHMDは“安価なノートPC”との接続でも利用できるという。価格は299ドル(約3万円)からだ。手持ちのPCでも利用できるとすれば、Oculus RiftやHTC Vive、ソニーのPlayStation VRはもちろん、対応端末を持っていない場合はスマートフォンセット方式の韓国Samsung Electronicsの「Gear VR」や米Googleの「Daydream View」よりも安く入手できることになる。

 Creators Updateの実施は2017年春とされている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -