ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年10月28日 15時04分 UPDATE

鉄骨建物でもOK NECが深層学習と地磁気を利用した屋内測位システム

地磁気情報を収集して、ディープラーニングで特徴を抽出。屋内でも正確な位置情報を測定できる。

[ITmedia]

 NECは10月28日、地磁気情報を活用した屋内の位置情報測定システムを開発したと発表した。GPS信号が届きにくい鉄骨造の建物内でも、対象の位置を正確に測定できるという。

 屋内の構造や地磁気情報を事前に収集し、機械学習の一種であるディープラーニングを活用して各フロア特有の地磁気による特徴を抽出。対象者が所持するセンサーで得た地磁気情報から、誤差2メートル以内の精度で位置を測定できる。

 工場や店舗など、屋内で人の位置を測定するニーズが高まる中、設備投資によるコスト増が指摘されていた。本技術が必要とするのは地磁気情報の事前調査のみで、ビーコンや無線LANといった機器の設置が不要のため、安価に位置情報を活用したサービスを導入できるという。

 同社は、本技術や耳音響認証技術、耳に装着する「ヒアラブルデバイス」といったプラットフォームの事業化を2017年度中に目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.