ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年10月31日 13時03分 UPDATE

親の顔データから迷子を発見 大量の映像から「特定の人」を高速検索するAI、NECが発売

顔画像や出現時の特徴などを基に、映像データから特定の人を探せるAIソフトをNECが発売する。

[山口恵祐,ITmedia]

 NECは10月31日、大量の映像を分析し、特定の人物を高速・高精度で検索できるという人工知能(AI)ソフトを法人向けに発売すると発表した。犯罪捜査や顧客サービスなどでの用途を見込む。価格は2980万円(税別)から。

photo

 監視カメラなどの映像から、顔画像や「決まった時間や場所に現れる」「特定の人物と一緒にいる」といった特徴をトリガーとして特定の人物を探せるソフト。例えば、特定の時間・場所に頻繁に出現する人物を100万件の顔データから検索する場合、10秒で検索できるという。

 人物ごとの特徴の抽出には、同社の顔認証技術を活用。AIが類似度別に顔をグループ化し、グループ内でも類似度の高さに応じてツリー構造を構築する。新たな映像に出現した人物が、どのグループと類似しているかをグループの代表的な顔データだけと比較することで、照合回数の大幅な削減と高速化を実現したという。

photo 顔を高速・高精度で検索する仕組み(2015年同社発表会より)
photo AIによる警備の強化(2015年同社発表会より)

 主な用途として、事件現場周辺のカメラ映像から頻出する不審者を特定するといった犯罪捜査や、店舗で顧客の来店回数・時間を把握したり、親の顔データから迷子を捜索したりする顧客サービスなどへの活用を見込む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.