ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年11月01日 18時32分 UPDATE

米オバマ大統領の公式Twitterアカウント、次期大統領が継承へ

8年間の任期中、様々なデジタルメディアを活用してきたバラク・オバマ米大統領の公式なコンテンツはすべて米国立公文書記録管理局(NARA)がアーカイブし、Twitter、Facebook、Instagramの公式アカウントはそのまま次期大統領が継承する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 バラク・オバマ米大統領の行政府は10月31日(現地時間)、オバマ氏が任期中に米大統領の公式アカウントとして使ってきたTwitter、Instagram、Facebookのアカウントは、次期大統領が継承すると発表した。

 obama 1

 例えばTwitterの場合、米大統領として公的な発言をするために2015年5月に開設したアカウント「@POTUS」(President of The United States)が、1109万人のフォロワー(本稿執筆現在)と共に次期大統領のものになる。

 obama 2 現在の@POTUS

 次期大統領が民主党のヒラリー・クリントン氏であれ共和党のドナルド・トランプ氏であれ、公的ツイートはこのアカウントで投稿することになる。

 ちなみに、オバマ氏は個人として2007年から「@BarackObama」というアカウントを使っており、こちらのフォロワーは7849万人だ。クリントン氏のフォロワーは1009万人、トランプ氏のフォロワーは1284万人。

 アカウントは継承するが、これまでオバマ氏が投稿してきたコンテンツはすべてエクスポートし、米国立公文書記録管理局(NARA)がアーカイブとして保管する。これらのアーカイブは、誰でも閲覧できるよう公開する計画だ。次期大統領は、まっさらなタイムラインでスタートを切る。

 オバマ大統領は、SNSやYouTube、Facebookの「ライブ動画」などを駆使する初の“ソーシャルメディア大統領”として、連邦政府のWebサイトにも様々な改革をもたらした。オバマ氏のスタッフが8年間の任期中に構築したシステムなども、次期ホワイトハウススタッフに提供するとしている。

 第45代米合衆国大統領選は11月8日に予定されている。大統領の就任式は2017年1月20日だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.