ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年12月01日 15時05分 UPDATE

GoPro、従業員の約15%(約200人)をリストラへ 「Karma」リコールが響いたか

アクションカメラのGoProが、従業員の約15%のリストラ計画を発表した。上場企業として、2017年通年の黒字確保を目指す。同社は10月に小型ドローン「Karma」発売でドローン市場に参入したが、Karmaは電源問題で自主リコールになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米GoProは11月30日(現地時間)、従業員の約15%(約200人)のリストラと、人材採用凍結の計画を発表した。これにより2017年の黒字確保を目指す。

 同社は9月、アクションカメラをセットして飛ばせる小型ドローン「Karma」を発表したが、発売直前に中国のドローンメーカーDJIが先んじてより小型のカメラ付きドローン「Mavic Pro」を発売した。その上、Karmaは電源の問題で自主リコールになった。

 karma 1 Karma(カメラは別売)

 本業のアクションカメラは順調としている。ブラックフライデーのカメラの米国での販売台数は前年同日比35%増だったという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.