ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年12月06日 05時49分 UPDATE

DeepMind、3DゲームのようなAI開発プラットフォーム「DeepMind Lab」をオープンソース化

Alphabet傘下のDeepMindが、ファーストパーソン3Dゲームのような人工知能(AI)研究開発プラットフォーム「DeepMine Lab」をオープンソースで公開すると発表した。OpenAIの「Universe」は2Dだが、こちらは3D環境だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Alphabet傘下のDeepMindは12月5日(現地時間)、汎用的な人工知能(AI)や機械学習システムを研究開発するためのプラットフォーム「DeepMind Lab」をオープンソースで公開すると発表した。今週中にGitHubで公開するという(公式ブログにリンクが追加される予定)。

 DeepMind Labはファーストパーソン(利用者視点)の3Dゲームのような仕様で、例えば迷路を通り抜けたり、レーザータグ(敵味方に分かれてレーザービームを撃ち合うサバイバルゲーム)の腕を磨いたりすることをAIエージェントに3D環境で学習させることができる。

 lab 1 迷路ゲーム。リワードの果物を獲得しながら進む

 シンプルなAPIを使って多様なタスクやAIを設計して追加できる。

 lab 2 AIエージェント

 同社は公式ブログで「もしスペースインベーダーやパックマンのような(2Dの)世界で育ったら、(実際の3D世界で役立つ)一般的な知能は獲得できない」と説明する。AI搭載ロボットの行動などを仮想環境で研究開発できる。


 同日、イーロン・マスク氏のOpenAIもAI開発向けプラットフォーム「Universe」を発表した。こちらが提供する環境はAtariゲームなどで2Dだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.