ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年12月23日 07時18分 UPDATE

Raspberry Piの「PIXEL」が旧型PCやMacで稼働可能に

小型コンピュータ「Raspberry Pi」のデスクトップ環境「PIXEL」のx86版が公開された。まだ実験的な段階だが、USBメモリに入れて起動ディスクとし、古いPCやMacでブートできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 英非営利団体のRaspberry Pi Foundationは12月21日(現地時間)、小型コンピュータ「Raspberry Pi」シリーズ向けのデスクトップ環境「PIXEL」の試験的なx86版をリリースしたと発表した。旧型のPCおよびMacで稼働する。

 raspberry 1 2004年発売の「ThinkPad X40」で稼働するPIXEL

 公式ブログの「download」をクリックするとISOイメージファイルをダウンロードできる。

 PIXELは、従来のDebianベースのデスクトップ環境、LXDEが9月のアップデートで刷新されたもの。シンプルなユーザーインタフェースでChromiumベースのWebブラウザなどのソフトウェアやプログラミングツールが含まれる。Debianベースなので、Linux向けの多数の無料アプリもサポートする。

 raspberry 2 Raspberry Pi版PIXELの画面

 x86版も基本的にはRaspberry Pi版と同じだが、「Minecraft」と「Wolfram Mathematica」はライセンスの関係でプリインストールされていない。

 同団体創設者のエベン・アプトンCEOは、PIXELを使ってもらうためにRaspberry Piを買ってもらわなくても、既に手元にあるx86マシンにインストールしてもらえばいいと思いつき、3カ月かけてx86版を開発したと語る。

 x86版PIXEL開発の動機は2つあるとアプトン氏は言う。まず、教育機関はRaspberry Piを購入しなくても既存のPCをプログラミング教育に活用できる。生徒は同じ環境を自宅のRaspberry Piでも使える。そして、WindowsやmacOSと同列に並ぶことで、PIXELの弱点を見つけやすくなり、改善できるようになる

 インストールするには、ダウンロードしたイメージをDVDやUSBメモリに保存し、起動したいPCやMacに接続して外部からブートする。

 raspberry 3 ブート画面

 PIXELはまだ実験的なものなので、利用に際してはPCあるいはMacのバックアップはしておくようアプトン氏は勧めている。

変更履歴:当初、PIXELを「OS」としていましたが、「デスクトップ環境」に訂正しました。[2016/12/23 8:30]



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -